龍神さまと伊勢参り



みなさま こんばんは!
神仏画家・月涛賀ゆうです。

2月4日、立春。今年初の伊勢参り&伊雑宮に行って参りました〜♪

というのも、実は先月の旧暦の大晦日に上記の聖地に行きましょうと嬉しいお誘いいただいたのに、急な体調悪化で行けず…_:(´ཀ`」 ∠):

今回、満を持して(?)念願の御詣りとなりました☆




外宮さんの参道




参拝中はそよ風が心地よく吹き、拝殿の布がフワァ〜と開いて、なんだか揺り籠の中で包まれているような、温かくて優しい優しい感じでした。

5歳の頃に戻ったような気分です。

多賀宮・土宮・風宮も参拝し、いつもの如く頭がボーッとして意識が遠のいていくのを堪えて『自分』に意識を必死に戻しながら(笑)守ってくださり有難うございますと感謝をお伝えして内宮さんへ。



入り口で手水したけど、五十鈴川があんまりキラキラしてたのでもう一度。




ピカーッと眩しい光の中、瀧祭神・風日祈宮を参拝して正宮へ。




正宮ではニ拝二拍手中、急にブワァーッと強めの風が吹き、門に掛けてある白布が思いっきり開いたので参拝中ずっと奥の社殿が丸見え状態に。直視しないように慌てて頭を下げ、一拝。

『扉はすでに開かれている』
『安心して進め』

と言われているようでした。

因みに私の場合、神社仏閣での参拝では基本的に御礼と感謝のみ、もしあれば宣誓もするというスタイルです。

いつも意識が遠のいて無になってしまい、御礼が言えない状態になるので、毎回自分に意識を戻しながらやってます(笑)

書いてて思ったけど、意識が遠のいたままでも良いかもしれないな。。



帰りに荒祭宮を参拝し、参集殿ではこんなカワイコちゃん達に遭遇 ↑




帰りの宇治橋から変わった雲を発見。

あららあらら?これは龍?と進んで行くと、日本旗の上に繭みたいな雲も。




最終的に入り口の鳥居からおかげ横丁に入る辺りまで伸びてきて、それから一旦消えました。

暫くおかげ横丁を歩きながら、あの鳥居の辺りが一番大きかったから写真撮っておけば良かったな〜って思っていたら、突然に再び登場。




向こうの山から反対側の山までドーンと続くドデカイ姿が写真では撮り切れなかったので動画を撮りました▽




なんだか龍以外にもいるような感じで、お祭りというか?お祝いの宴?みたいな空でした。

と、ここいらでお腹が良い具合に空いてきたので昼食タイム。豆腐が食べたくなり、いつもの『とうふや』さんへ。

なんだかオメデタイ気分だったので、

“伊勢神宮参拝をおえ、今年一年良きことが訪れるよう、吉祥として伊勢地方の郷土料理を取り混ぜ、祝膳に仕上げております”

という、なんだかオメデタそうな数量限定の吉祥膳をいただきました♪




店を出る頃には龍雲もすっかり無くなっていて、雲ひとつない快晴に。

お腹もいっぱいになったことだし、次に行きましょか!という事で、内宮から車で30分程の場所(志摩)にある伊雑宮さんへ。

こちらは人も少なく、こじんまり&ひっそりとした静寂な場所でした。




参拝中、御祈祷が始まりました。清浄な空間の中に響く祝詞の声が心地良かったです。

そういえば、参拝中に社殿の左上あたりに水色でキラキラと鏡が光を反射するように輝いている丸っぽい(六角形?八角形?)物体がありましたが、あれは一体なんだったのだろう…?

悪い気は全然しなかったけど(・・?)


はてさて。

今回はいつも以上に全体を通して御祝い&応援ムードというか、温かな歓迎をポカポカ感じて身体が勝手に小躍りしそうでした(笑)

実は今、水面下で着々と進んでいる計画があるので、それに対しての応援なのかなぁ?なんて。

・:*+.(( °ω° ))/.:+




帰りの電車も何故かめっちゃ楽な席に案内していただけたので、牡蠣の佃煮と日本酒『おかげさま』でプチ宴会しました。

『きっと頭の上あたりで神々様も宴会してはるんやわ〜』と一緒に行った方とお話しながら呑んで食べて、酔っ払って爆睡(笑)

良きかな 良きかな〜♪



YUU



神仏画家・月涛賀ゆう
Shamanic Artist YUU TSUKINAGA

展示情報や作品の紹介はこちら▼
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■ Website
■ Twitter
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
宜しければフォローお願い致します☆




#伊勢神宮
#内宮
#外宮
#伊雑宮
#立春
#2020年















月涛賀ゆう 公式ブログ

日本の神社仏閣や海外で活動する神仏画家・月涛賀ゆう(つきなが ゆう)の公式ブログです。 【描き・歌い・踊り・創る】一瞬一瞬の自己表現の瞬間が唯一の居場所であり、情熱と心からの溢れる喜びを感じることのできる大好きなことです^^